青山AWC利用ガイダンスとセミナーのご案内

ご入学・ご進学おめでとうございます。

アカデミックライティングセンター(以下、AWC)では、これからの学生生活で必ず直面する、レポートや論文のライティング支援を行っています。AWCやアカデミックライティングの基本についてみなさんに知ってもらえるよう、41日(金)よりCoursePower上で以下の2つのコンテンツを配信しています。ぜひご覧ください。

 

AWC利用ガイダンス ~AWCってどんなところ?~(約20分)

・アカデミックライティングセミナー(全6回、各回約30分で一話完結)

 

【視聴方法】CoursePower内の「その他」>「AWC」にある動画のURLからご覧ください。

 

【配信内容】 ※【青山】2022年度初頭オリエンテーションチラシもあわせてご覧ください※

 

AWC利用ガイダンス~AWCってどんなところ?~

 AWCはどこにあって、どんな時にどう利用すればいいのか。ご紹介します。 

 

■アカデミックライティングセミナー

第1回「アカデミックなレポート・論文とは何か?」

和文・英文を問わず、大学で求められるレポート・論文には、一定の決まった形式(型)があります。レポート・論文では、何を、どのように書くと読み手に伝わりやすくなるのか。そのコツをお伝えします。

 

第2回「レポート・論文を書くための資料の探し方・読み方」

レポートや論文を書くためには、趣味(鑑賞)のために読む場合とは違った読み方が必要になります。レポートや論文を書くための資料(本や論文)の探し方、読み方について、簡単な実践(ワーク)を交えて、そのコツをお伝えします。

 

第3回「本文への引用・参考文献一覧の書き方のルール」

レポート・論文では、客観性を高める根拠として、他者の意見・調査結果などを本文に引用する必要があります。その際に守らなければならないルールをお伝えします。

 

第4回「要点のまとめ方(ブックレポート・礼拝レポート対策)」

自分が言いたいこと、他者(著者・講演者など)が伝えたかったことの要点をまとめる力は、よりよいレポート・論文を書けるようになるために必須といっても過言ではありません。この回では、AWCの個別相談によく寄せられる「要点をどのようにまとめればよいのか」という点について、講義とワークを通して学びます。

 

第5回「英語アカデミックライティングの基本」

英語でアカデミックな文章を書く際に知っておきたいパラグラフ、エッセイの基本構造、書く際に気をつけるべきポイントをお伝えします。

 

第6回「論文を書くための基本」

本格的な論文を書こうとする際、まずはどのような準備が必要となるのか。よりよい論文を書くために不可欠な、「問いを立てる」 コツを中心にお伝えします。

 

問い合わせは aoawc_contact@agulin.aoyama.ac.jp までお願いします。

 

ぜひ一度、動画を視聴して、AWCを利用してみてください。お待ちしております!