第6回「情報の探索と表現」コンテスト 結果発表

お知らせ種別: 
NEWS
お知らせ範囲: 
全館

情報探索とレポート作成のスキル向上を目的とした第6回「情報の探索と表現」コンテストの受賞者が発表されました。

応募総数69作品の中から、見事グランプリを受賞したのは、大畑澄香さん(現代教養学科国際専攻1年)の日本語作品「異国の伝承に刻まれた、日本。」です。

本コンテストは11月初旬に各部門ごとに英語部門審査会、日本語部門審査会、フランス語部門審査会が行われ、厳正な審査の結果20作品が受賞しました。

英語部門審査会はBoyd,James Patrick審査委員長(国際政治経済学部准教授)をはじめとする各学部の教員12名から成る審査委員、日本語部門審査会は、近藤泰弘大学図書館長(文学部教授)、野末俊比古審査委員長(教育人間科学部准教授)、そして朝日新聞社、日経BP社、日経メディアマーケティング、AFP WAA、ジャパンナレッジ、Galeの6社から成る審査委員、フランス語部門審査会においては尾形こづえ審査委員長(文学部教授)とネイティブ教員を含めた4名による審査委員によって審査が行われました。

※受賞一覧については、award_2017よりご確認ください。

授賞式は2017年12月6日(水)図書館本館1階共同学習室で行われ、表彰状ならびに賞品を授与いたしました。受賞した皆様、おめでとうございます。

応募してくださった学生の皆様、ご協力・ご協賛くださいました企業の皆様、審査に関わってくださいました先生方、ありがとうございました。